アニメ感想 kanon(京都アニメーション)感想

放置しまくり!書きたい記事はたくさんあるのに、いざとなるとめんどくさくなってしまう(*_*;

さて、初めてアニメの感想記事書くかも。初回はkanon(京都アニメーション制作)!東映版は見てない。
ずっと気になってたけど観てなくて、やっと昨日今日で一話から最終話までdアニメストアで観た。
AIRCLANNAD(予想変換に出てきてびっくり)とCLANNADアフターストーリーは既に観てたから、京アニのkeyのゲーム原作ものは全部観なきゃと謎の使命感があったから達成感がある。

で、本題の感想!※批判意見があるので駄目な方は避けてください‥…!

まず、女の子達が皆可愛い!作中で、さゆりさんや名雪や舞の容姿が褒められてたけど、皆可愛いだろ!ていうか顔ほぼ一緒……視聴者の間でこのツッコミ何回繰り返されてんだろう。
ヒロイン達キャラが被ってるよなあ…全員ボケキャラだよなあ。香里はツッコミだけどヒロインではないし。
人見知りの真琴以外、皆他人に優しいし。
ちなみに一番名雪が好き。最も人の気持ちを察することのできる子じゃないかなー。支えてくれるお母さんがいて良かった。でないと不憫すぎる。

男子は……北川好きだなあ。CLANNADの春原と似て、可愛い子好きでお調子者だけど、人の気持ちに鋭くて優しい。ゲームやってないからわからないけど、こういう子が報われてほしい。

祐一は……、
うーん、確かに優しいんだけど、あまり魅力的に思わなかったな。
何よりあゆとくっつくの唐突すぎ。(真琴と読んでた漫画で、恋はいつでも唐突だとかいう台詞あったけど!それでも!)真琴は本当は人間でないとはいえ疑似結婚式を自ら行ったり、栞から頬にキスを受けたり、少なくとも自分を好きとわかってる女の子が二人もいるんだから、その辺の葛藤を少しでも描いてほしかったな…尺の問題か…?
名雪に借りたノートを学校に置いてきたときも偉そうだったなあ…
…ヒロイン達よ…この子のどこがいいの…もっといるだろ!基本的に男子と話さないキャラばかりだから、優しくされると惚れるのか!?
まあ私が魅力を感じないだけで、好きな人はいるんだろうからこのあたりで止めとこう。

ヒロイン達には病院や動物、食べ物といったモチーフが共通していて、何か意味があるんだろうかと思った。

最後に女性声優さんたちについて。
國府田マリ子さんが出ているのをがっつり観るのは初めてだった!声の可愛さは知ってたけど、名雪という役柄にぴったりはまってて良かった!
あゆと真琴の擬音語は少しいらっときていたけど(堀江さんも飯塚さんも好きだけど…)名雪のはあまり気にならなかったなあ。
栞役の佐藤朱さんはこれで初めて知ったけど、落ち着く声質でこれまた栞にぴったりはまってた。
川上とも子さんは流石の演技力!
さゆりさんの内に秘めてる危うさが滲み出ていた。単に私がファンだから欲目で観てる(聴いてる?)のかもしれないけど。
ゆかりん演じる舞も良かった!ゆかりんの落ち着いたトーン好き。
あゆはザ・堀江由衣声(わかるかな…)!
素直さが伝わってくる。
他にも皆口さん、坂本真綾さんも出ていて耳の保養。
で、飯塚雅弓さん。先に言っておくけど、大好きです!声に特徴がある声優さんは基本的に大好きです。
だけど、真琴はあまり合ってないように思った。特に体力が落ちてきて、精神が狐に戻っているとき。
自分がカスミから飯塚さんの声を知り、カスミが大好きだったのもあるけど、飯塚さんは
[勝ち気なお姉さんポジションキャラ]がぴったりで、前半の真琴のような
[生意気妹キャラ]
後半の真琴のような
[めちゃくちゃ幼いロリキャラ]
本当の人間のほうの真琴のような
[優しげな大人のお姉さんキャラ]
は個人的にはまってなかったと思う。これ書いてて思ったけど、決して飯塚さんの演技力がないから似合わないというわけではない!声質の問題かも。あとそもそもkanonのキャラデザに合わない声なのかも。

長くなったのでここでひとまず終わります。
また書こう!とりあえずフルメタル・パニックを全話見よう…。